2016年はVR元年?「東京ゲームショウ」も盛り上がる!

2016/09/15


2016年は「VR元年」と呼ばれています。

VRとは、その名の通り「バーチャル・リアリティ」の略です。

2016年はこの「現実には物理的に存在しないものを感覚的に体験出来る技術」を使って作られたものが各社から商品化されています!

スマートフォンに装着できるものから家庭用のゲーム機器に対応したものまで販売されるということですので、一般家庭でもバーチャル・リアリティを体験できるようになりますね。

スポンサーリンク

VR元年に発売される各社商品は?

ソニー・コンピュータエンタテインメント(日本)

PSVR」の体験映像はこちら


「プレーステーションVR(PSVR)」を10月に発売予定。
現在は予約が殺到しており、品薄状態となること必至です。

Oculus(オキュラス)VR 社(米国)

VR向けヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift(オキュラスリフト)

マイクロソフト社(米国)

Hololens

HTC社(台湾)

「Vive」

LG社(韓国)

「LG360VR」を「VRゲーム」として発売

各社ともHMD(head mounted display)というゴーグル型の立体映像や大画面を映し出す表示装置を装着して使用します。

2025年までにはこのVR技術を使った商品は現在のノートパソコンと同じくらいの市場になるとまで言われています。

パンダママは小学生の頃、自宅に黒電話がありました(笑)。一昔前まで、スマホがこんなに普及する時代が来るなんて思ってもみなかった世代ですから・・・そのうち、一家に一台「VR」なんて日が来るかもしれませんね!

スポンサーリンク

「東京ゲームショウ」は今年も盛り上がる?

さて、少し話が変わりますが、そんなVRなどの各社最新技術をどこよりも先取りして体験できるイベントが今年も行われます。毎年、千葉・幕張が人、人、人でごった返す様子が、ニュースでも話題になりますね!

「東京ゲームショウ」は1996年にスタートし、今年で20周年を迎えるグローバルなエンターテインメントイベントです。

2015年は総出展社数480社の内、37の国と地域から246社の海外企業が出展、国内出展社数を超えました。

9月15日・16日はプレス関係者やビジネス関係者のみが入場できるビジネスデイ、一般公開は9月17日・18日です。

開場は10:00amからですが、状況によって9:30amからになる可能性もあるとのこと。毎年ものすごい数の来場者が押し寄せますから、早めに会場する可能性大ですね。

東京ゲームショウの見どころ

今年は「エンターテインメントが変わる。未来が変わる。」がテーマ。

様々な楽しみ方や新しい技術によって、ゲームがエンターテインメントの価値を変えようとしている世界観を表現しているそうです。


Virtual Reality photo

一番の見どころは新設ブース!

バーチャルリアリティ関連の製品等を展示する「VRコーナー」や、人工知能関連の先端技術・サービスを展示する「AIコーナー」があります

特にVRコーナーには試遊専用エリアが設置され、新技術によって進化・開発された全く新しいタイプのゲームソフトをいち早く体験できます。親子で楽しめるファミリーゲートパークは、入場対象を中学生以下とその家族に拡大されます。

パンダママは、海外出展エリアに新設された「東欧ニュースターズコーナー」「ラテンニュースターズコーナー」も興味深々です!

また、今年はドワンゴが特別協力として加わって、「niconico」による会期中の番組配信はもちろん、7月から会期前の特別番組を放送します。


兄者弟者は今年も参戦?

東京ゲームショウ2015に華々しく登場した「兄者弟者」(あにじゃ/おとじゃ)。

ゲーム好きな人なら一度は彼らの配信する動画を見たことがあると思います。ゲームを実況中継しながらプレーし、その様子を収めた動画をYouTubeで配信しています。

その実況中継が人気を博し、2016年1月にはYouTubeチャンネル登録人数が100万人を突破したそうです。
すごいですね…。今年もステージでゲームをプレー&実況中継してほしいですね。

Virtual Reality photo

チケットの購入方法

前売券(1,000円)はプレイガイドやコンビニ、インターネットで購入できます。

当日券(1,200円)は会場で購入できます。

小学生以下は無料、障害者手帳などを持っている方、介護が必要な方、満70歳以上の方は特別割引券(100円)が当日限定で購入できます。

「サポーターズクラブ」の特典!

前売券・当日券以外に「サポーターズクラブ」というチケット(3,000円)が発売されます。

当日券よりも倍以上高いチケットですが、その分素晴らしい特典がついています。
以下、1と2はまぁそれなりにですが、一番興味深いのは3でしょう。

  1. オリジナルTシャツ付き

  2. オリジナルピンバッジ付き

  3. 開場から一定時間の優先入場を実施

朝の開場から20~30分程度の優先入場ができます。サポーターズクラブ専用受付と待機列が用意されます。特別電話先行販売と、ローソンチケット(店頭、電話、インターネット)による一般販売があります。
人気タイトルの試遊を絶対に逃したくない!そんな人はサポーターズクラブを狙ってみてはいかがでしょうか?

詳細は東京ゲームショウ2016公式サイトで確認してください。

来場する前に、お目当てのゲーム会社のブースや試遊エリアの場所などを確認しておくと良いですね。

子連れで行かれる方は、食事のタイミング、待ち時間の暇つぶし方法なども考えておきましょう!
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

-イベント, 雑学