2016年もアドテック東京に世界のマーケッターが集結!

2016/08/22


最近スマホ依存症になりつつある、パンダママです。
私がスマホを購入したのは、初代iphoneが販売された頃なのでもう5~6年は前になるでしょうか。
今やインターネットがない生活なんて考えられない世の中ですね。


同時にインターネットの普及によって、webサイトやブログ、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)などのデジタルメディアでのマーケティングが盛んになっています。
今年もマーケティングの巨大イベント「アドテック東京」の開催に向けて準備が進んでいます。


スポンサーリンク



アドテック東京とは?


もともと「アドテック」は、タブロイド紙『Daily Mail』を発行するイギリスのメディア企業、Daily Mail and General Trust plcが開催していたイベントです。



現在では世界の主要都市で開催されているデジタルマーケティングイベントとなっています。
広告主をはじめ広告代理店、ソリューションプロバイダー、メディアなど、様々なジャンルのマーケッターが集結します。
日本では東京と大阪で開催され、特にアドテック東京はアジア最大級です。




スポンサーリンク







イベントの主催は?


コムエクスポジアム・ジャパン株式会社というイベント会社が主催しています。


アドテック東京は日本最大級のグローバルマーケティングイベントです


アドテック東京は今年で8回目。
2015年はカンファレンス参加者の記録が過去最多の17,000人超となり、また海外からの来場者はアメリカやヨーロッパ、さらにアジアからと、日本最大級のグローバルマーケティングイベントへと成長しました。
今年はさらなる飛躍が期待されています。



開催日時と場所


アドテック東京2016は9月20日(木)と21日(金)に東京国際フォーラムで開催されます。
キーノートをはじめ、マーケティングやコンテンツなどのテーマに沿ったカンファレンスはもちろん、展示会にもたくさんの企業が出展します。


※Keynote(キーノート)とは、Apple社が開発している「OS X/iOS用のプレゼンテーションソフトウェア」のことです。



アドテックの参加費は?


キーノートと展示会への参加が可能なビジターパスは事前登録で無料です。

当日券は5,400円なので、参加したい人は絶対に事前登録すべきですね!
なお、アドテック東京のワンデーパスは51,840円、2日間+8月23日開催のアドテック東京インターナショナルのフルカンファレンスパスの特別パッケージ(同通レシーバー付き)は106,920円です。






公式スピーカーはどうやって決まる?


アドテックのメインカンファレンスは、モデレータとスピーカーによるパネルディスカッションです。
モデレータは複数いるスピーカーの話を引き出す役割、いわゆる「司会者」で、開催4ヶ月前に選出されます。
モデレータとアドテック運営事務局は、セッションテーマやメッセージの内容を検討・決定します。



今年も超一流企業が多く参加されるようですね。
アドテック東京2016のスピーカーはこちら


その際にモデレータから事務局側にスピーカー候補が出されますが、それ以外のスピーカーも一般公募で募集します。
理由は、モデレータと面識がない人や、テーマに対してジャンル違い? とも思えるような人も交えたほうが、セッションががぜん面白くなる傾向にあるため、と言われています。
モデレータの希望と一般公募から選ばれた人たちが「公式スピーカー」となります。

公式スピーカーには誰でも応募できます。自分の考えをたくさんの人に伝えたいと考えているなら、トライしてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

-イベント