「お彼岸とお盆」の違いとは?知って得する豆知識!

2016/08/22


お墓参りに行く際は故人が好きだった食べ物や飲み物などをお供えしましょう。
暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句がある通り、秋のお彼岸の頃までこの暑さに耐えなくてはいけないのがつらいですね。
パンダママは恥ずかしながら社会人になるまで「お盆」と「お彼岸」の違いを知りませんでした。
そもそも「お彼岸」「お盆」は何が違うのでしょうか。

スポンサーリンク



お彼岸とお盆の違いとは?


彼岸とは?


  • 仏教の世界において、煩悩や悩みを脱した悟りの境地を「彼岸(ひがん)」と言います。
  • 逆に、煩悩や悩みに満ち溢れている、今私たちがいるこの世界を「此岸(しがん)」と言います。
  • この二つの世界をわけ隔てているのが「三途の川(さんずのかわ)」です。

臨死体験をすると「三途の川」が流れていて、向こう岸に亡くなった親族がいて「こっちへおいで…と呼んでた」などと聞くアレのことですね。


  • 此岸にいる者は6つの修行【六波羅蜜(ろくはらみつ)=布施(ふせ)・持戒(じかい)・忍辱(にんにく)、精進(しょうじん)、禅定(ぜんじょう)、智慧(ちえ)】を行うことで彼岸に行けると言われています。
  • 西方極楽浄土(さいほうごくらくじょうど)の教えでは、西のはるか彼方に阿弥陀如来(あみだにょらい)のいる浄土があるとされており、太陽が真東から真西に沈む春分・秋分の日を中日に前後3日間に修行をすると特に良いとされています。

この春と秋のそれぞれ7日間を「お彼岸」といい、彼岸と此岸の二つの世界が近くなると言われるこの日に故人や先祖を供養をします。



2016年の彼岸の時期は



彼岸ばす



春のお彼岸

  • 3月17日(木):彼岸の入り
  • 3月20日(日):彼岸の中日(春分の日の為、21日は振替休日です)
  • 3月23日(水):彼岸の明け

秋のお彼岸

  • 9月19日(月):(敬老の日)彼岸入り
  • 9月22日(木):彼岸の中日(秋分の日)
  • 9月25日(日):彼岸明け




お盆とは?




お墓参りの掃除道具

一方、お盆は故人や先祖が亡くなった後も「苦しむことがなく成仏出来るように」
と残された子孫が願いを込めて供養する期間のことをお盆といいます。



「お彼岸」はこちらから故人や先祖の世界が近くなる時期に供養しますが、「お盆」では故人や先祖が向こうの世界から帰ってくる日
期間)として、家でお迎えします。



供養の仕方



お盆ではキュウリを馬にナスを牛に見立ててお迎えしお送りします

キュウリやナスに割り箸を刺して手足に見立てて「馬や牛」を作り玄関先に供えます。
馬(キュウリ)は「早くお迎えに行けるように」、牛(ナス)は「ゆっくり向こうの世界へお送り出来るように」の意味が込められているといわれています。
地域によってもお盆の仕方は違うようですね。


2016年のお盆の時期は


【旧のお盆】

  • 8月13日(土):迎え日(盆入り)
  • 8月14日(日):中日
  • 8月16日(火):送り日(盆明け)



【新のお盆】
  • 7月13日(水):迎え日(盆入り)
  • 7月14日(木):中日
  • 7月16日(土):送り日(盆明け)


スポンサーリンク


お墓参りに必要な持ち物


故人や先祖の供養で一番わかりやすいのはお墓参りです。
その時に持参すべきものを挙げておきます。

1. お供え物

    • (ア) 食べ物・飲み物
お墓参りには故人が生前好きだったお菓子などをお供えしましょう。
一般的なのは水菓子(果物)、生菓子(ようかんやまんじゅう)、干菓子(紋菓子や落雁)などですが、最近では故人の好きだったもの(たばこやお酒など)もお供えしているようです。
    • (イ) 生花・線香・ろうそく
お墓参りの時はお線香を焚いて仏様に気持ちをお伝えしましょう

こちらは食べ物や飲み物と違い、霊園近くのお茶屋でも販売しています。
故人の好きだった花をお供えしたい、変わった形のろうそくをお供えしたい、など特殊なお供え物は事前に用意しておきましょう。


2. 掃除道具

    • (ア) 墓石の掃除用
墓石の汚れを取るためのスポンジたわしはもちろん、たわしでは届かない隙間用に歯ブラシがあると便利です。
墓石を拭くためにぞうきんも忘れずに。

  • (イ) 敷地内の掃除用
雑草を取り除くためのシャベルや鎌、古いお供え物やゴミを捨てるためのゴミ袋があると良いでしょう。
敷地によって植木ばさみやザル(玉砂利の掃除に便利)など、必要なものを持参しましょう。

なお、掃除用具のほうき、ちりとり、ばけつ、お参りで墓石に水をかけるときに使う柄杓と手酌は霊園やお茶屋で借りることができます。
借り物は他の来訪者も使うものなので、扱いは丁寧に。




おはぎとぼたもちの違いは?


お彼岸の頃、お仏壇にお供えされるおはぎとぼたもち。<
ほぼおなじ作りですが、どういった違いがあるかご存知ですか?


1. おはぎ


漢字では「御萩」と書き、秋のお彼岸の頃に咲く萩の花を模して、細長くちいさい俵型です。
もちを包むあんは、秋に収穫された新鮮な小豆を使っているので、柔らかい皮の食感も楽しめる粒あんです。

2. ぼたもち




漢字では「牡丹餅」と書き、春のお彼岸の頃に咲く牡丹の花を模して、大きくて丸い形をしています。
あんは、春まで保管されて皮が堅くなった小豆(あずき)を使用するので、こしあんになります。

どちらも、昔は大変貴重だった砂糖をふんだんに使ったお菓子。

さらに小豆は魔除けや邪気を払う食べ物とされていたこともあり、お彼岸におはぎやぼたもちを先祖にお供えして、家の邪気払いや繁栄をお願いしたことが、今も風習として受け継がれています。


おはぎとぼたもちの違いは萩と牡丹の違いです

編集後記


本来の意味も知らずにこれまでお彼岸やお盆にご先祖様を供養していたのかと思うと、少し情けなくもなりました。
いくつになっても知らないことが多いですね!
伝統的な風習は本来の意味を理解をして行うからこそ、きっと気持ちが伝わるような気がします。


それはそうと、結婚をすると実家と義実家双方のご先祖様のお墓参りをすることになるので大変ですね。
多くのご先祖様のご守護をいただいて今生かされていることに感謝したいと思います。



スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

-年中行事, 雑学