七草粥の「春の七草」覚え方は?簡単レシピもご紹介!


子供の頃、七草粥は『1月7日に7種類の植物をおかゆに入れて、7口食べる』、7つながりの食べ物だから“七”草粥だと思っていました(苦笑)。

じゃぁ8口目以降は・・・となるのですが、大人になってから本当の意味を知って「勘違って覚えてたんだ…」と愕然とすることも多いですよね。

そもそも「七草」って何が入ってるの?それじゃ、七草言ってごらん!」と訊かれた時の為に(そんなシチュエーションないか・・・)知っておいても損はないと思うので調べてみました!どうぞ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

<七草の覚え方>


春の七草」は短歌のリズム(5・7・5・7・7・)で覚えましょう。
せり・なずな/ごぎょう・はこべら/ほとけのざ/すずな・すずしろ/春の七草

七草粥に使われる七草

<七草粥の由来>


年末年始の祝膳・祝酒によって疲れた胃腸を休め、一年の無病息災を願って食べるおかゆです。

春の七草を具材として「」で味付けするのが一般的ですが、最近では中華がゆ風にアレンジする人もいるようです。

御伽草紙』の「七草草紙」に書かれている説話では
「1月6日までに7種類の草を集め、それぞれ決まった時刻に叩き、辰の刻にこれらを合わせて東から汲んできた清水で煮て食べれば一口で10歳、七口で70歳若返る
とされています。


一口で10歳若返ったらと考えると・・・お肌のハリ、ツヤもあの頃のようにと思いを馳せてしましますね。

ここに出てくる7種類の草が七草粥に入れる春の七草です。



お味噌さんのうんちくによると、昔の暦では1月~3月までが春ということでしたね。あのペンペン草が七草に入っていて食べられるというのは衝撃でした!

地域による調理方法の違い


各地でいろいろな調理方法があるのですが、例えば関東地方では、1月6日の夜にあらかじめ準備しておいた七草をまな板の上に載せ、しゃもじやお玉杓子、包丁の背などで叩いて細かくします。

下準備は歌いながら♪

叩きながら『七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン』と歌います。

音程とリズムはこんな感じだそうです♪


明くる7日の朝におかゆを炊き、叩いた七草と塩をいれて七草粥にし、朝食として食べます。

地方によっては春の七草ではなく、ありあわせの青菜類や根菜、油揚げなどの大豆製品を合わせて7種取りそろえて七草粥としたり、鶏肉や干し柿・栗などの果物を入れたりするところもあり、また食べる日も1月7日ではなく小正月(1月15日・16日)やそれ以外の日に食べるところもあります。

七草粥は地域やそこで暮らす人々の特徴を垣間見ることができますね。

スポンサーリンク

<七草粥の簡単レシピ>


「七草粥は食べたいけど、朝からおかゆを炊くのは時間もかかるし面倒」と思っている人には、こんな簡単レシピをご紹介します。

七草粥

簡単レシピ

材料(4人分)


ご飯:茶碗2杯分(300g)
A 水:6カップ
A 塩:少々
春の七草(なければ大根の葉や春菊などの青菜):150g
顆粒だし:小さじ2 ※好みで調整

作り方


  1. 鍋にご飯とAを入れて火にかけ、煮立ったら弱火にして10分ほど煮る
  2. 春の七草は軽く塩ゆでにし、冷水にとって冷まして水気を絞る。みじん切りにして顆粒だしと合わせる
  3. 1. に2. を加え、ひと煮立ちさせる
(参照:味の素レシピ大百科 http://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/701147
※ご飯を白がゆパックをに変えれば、もっと簡単に作れます。


編集後記


春の七草には消化促進利尿作用、増血作用などの効用があるそうです。

お粥なので、離乳食期のお子さんがいらっしゃるご家庭でも朝食に食べられるが嬉しいですね!
最近ではスーパーなどでセット品が販売されていますので、忙しいワーママさんでも簡単に用意できますね。

パンダママも来年のお正月明けにはお粥を作って不摂生を正そうと思います!

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

-年中行事, 雑学