増田貴久を好きな理由は?三十路を過ぎてジャニーズファンになった話!

2016/11/18


三十路を過ぎて自分がジャニーズファンになるとは思わなかった。

そして私の周りの誰もが「えっ!?なんで今更・・・」と口を揃えて言う。これまでイケメンはおろかアイドルに興味を持ったことが一度もなかった。

そんな絶賛育児中の私がなぜNEWSの増田貴久のファンになったのか…。

今回はそんな私がファンクラブに入るまでに至った経緯を書き出してみたいと思います。すごく個人的な話ですが、どうぞ最後までお付き合い下さい。


スポンサーリンク

「きっかけ」

私がNEWSのファンになったきっかけは、娘を寝かしつけた後に「ミュージックステーション」を観ていた時だった。

特別見たいアーティストが出る訳でもなく、ボーっとテレビを眺めていた時のことでした。

もともとアイドルには全く興味がなく、10代〜ずっとミスチル一筋だった私。学生時代もバンドを組んだりして文化祭で発表するような、ただの音楽好きな女の子でした。それが・・・Mステを見ている時、

  • ふーん、手越くんて歌上手いじゃん!
  • 増田さんも良い声してるな~。
  • 小山さんて夕方every.でキャスターやってる人?
  • この黒髪の顔が整った人誰?あっ、加藤さんて言うんだ。

第一印象はそんな感じでした。

私が増田貴久にときめいたのはMステがきっかけでした


ところが、次の日もその次の日も気が付くと娘を寝かしつけた後、MステのNEWSの出演部分を見ている自分。
「自分がジャニーズのパフォーマンスを繰り返し見るなんて・・・育児で疲れてるのかな私・・・。」
と思っていました。そんな行動が二週間くらい続いた頃でしょうか。


「NEWS」をググる日々


見ているだけでは物足りなくなり、もっと彼らのことを知りたいという欲望に掻き立てられたのです。

フルスイングの力


Googleで検索した画面の最初の方に出てきたのが「フルスイング」という曲の動画でした。
そりゃー見ちゃうよね!観ちゃいました!

なにこの曲!泣ける!

フルスイングという曲は、彼ら4人にとって初めてのシングル曲「チャンカパーナ」のカップリング曲です。

メンバーが抜けたりして大変だったんだね、でも残った四人で頑張っててすごいな。いや、むしろ私は今の彼らの方が輝いていて素敵だな。

この時すでに完全に感情移入していたのでした。

それからというもの、彼らがパーソナリティを務めるラジオを聞き漁り、CDを聞き、DVDを片っ端から購入したパンダママなのでした。
夜な夜な、娘が寝た後観るという生活を1か月くらい続けました。

ある月曜日の朝のこと。
気が付くと郵便局でファンクラブの振込用紙を手にする私。

マジかよ、私、ジャニーズのファンクラブ入るの?(心の中でもう一人の私が叫んでいる)正気か?

しばらく自問自答しながら、無事ファンクラブ入会の手続きを終えたのでした。

スポンサーリンク

好きなメンバーは?


今となっては4人とも全員大ファンです。それぞれ個性があるし、魅力的だし、全員好きです。

でも、あえて1人に絞るなら、増田貴久くんです。

好きになった理由を紐解いていくと、アイドルに興味がなかった時代と変わらないのが分かりました。

私の一番の胸キュンポイント

まっすーはクシャっとした笑顔がかわいいです

それは、笑った時の笑顔がクシャっとなる人。この一言に尽きます。

4人になったNEWSが一番好きです

笑顔が最高

ミスチルの桜井さん然り、主人(?)も然り・・・共通するのは笑った時の子供のような顔。それを見るだけで、育児のストレスや嫌な事を忘れられる気がします。

すごく自然体の笑顔で、「きっとこの人、小さい頃からたくさん笑って生きてきたんだろうな…」と思うと、心がほんわかしてきます。

「特筆すべきはイケボ」


知れば知る程、増田さんの魅力に取り憑かれていきます。しかし彼の魅力は笑顔だけにとどまりません。
彼の魅力を語るうえで欠かせないのが「イケボ」。

イケボ」とは、イケメンボイスやイケてるボイスの略と言われています。

歌が上手いのはもちろん、曲に合わせて「ファンを魅了させるような甘~い歌声」を出したかと思えば、ラジオ番組などで不服なことがあると、つんけんした腹黒キャラ(通称:黒マス)をだしては、ファンを突き放そうとするが、ファンはそのギャップに余計萌えるだけなのでした。

笑顔が可愛いくて、キュンキュンしたかと思えば、急に男前な良い声で囁いたり(バンビーナという曲中などで)、「ギャップ」により沼にハマった方も多いのではないでしょうか。


編集後記


まだまだファン歴も浅い私ですが、日々の生活にNEWSや増田さんの存在があることで、育児ストレスも軽減されている気がします。私のように、これからもNEWSの魅力に取り憑かれる主婦ファン層が増えることを期待しています!

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

-NEWS