タイムズのカーシェアリングを使ってみた!メリットデメリットは?

2016/10/02


近頃、20~30代の「車の所有率」が10年前と比較して約3割も減ったそうです。

原因は非正規雇用の社会人が増えて安定収入が見込めずに、「車自体を購入したり、維持費を払うのが困難なため」というのが大きな理由だとか。

しかし、私は単純に収入云々だけの問題ではなく、若者の車に対する「価値観」そのものが変わってきているのではないかということです。

昔は「家は一戸建て」とか「高級車」を持っていることがある種の「ステータス」であった時代もありましたが、電車での移動に便利な「駅近マンション」が人気だったり「車は必要な時に借りれば良い」というように価値観も多様化しているように思えます。

ちょっと本題から逸脱してしまいましたが、パンダ家夫婦は二人とも自動車免許を持っていますが、自動車は所有していません。車が必要な時はもっぱら「タイムズのカーシェアリング」を利用しています。

スポンサーリンク

今回は実際に利用してみた感想を詳しくご紹介しますね!どうぞ最後までお付き合い下さい!

カーシェアリングのメリット・デメリット


メリット


  • 利用料金が安い
  • 6時間パックで4,020円、12時間パックで6,690円~)
    ※月額利用料金が個人プランの場合、1,030円/月かかります。
    ※最短利用時間は15分から利用出来ます(ガソリン代込で206円~)
    ※キャンセルは予約した時間の1分前でも可能です!

  • 予約時間でなく「実際の利用時間」で精算される
  • ※ガソリン代と保険料も含まれています。

  • 維持費がかからない
  • (マンションなどの駐車代・自賠責保険や任意保険料・自動車税・ガソリン代・車検代・重量税など)

  • 日本全国でステーションがあれば借りられる
  • (旅行先などで利用できるのは、レンタカーなどの契約手続きも必要ないですし便利ですね!)

  • ガソリンを給油せずそのまま返却して良い
  • (給油をすると利用料金がサービスされます)

  • 延長したい場合は車のカーナビから申し込める
  • 時間を延長したい場合はカーナビの「TimesCarメニュー」から延長申し込みをすることが出来る。
※次の予約が埋まっている場合は、延長不可能になります。

カーシェアリング3

デメリット


  • 事前に予約が必要
  • ※予約の3分後から利用可能ですが、当日(特に土日など)は予約がいっぱいで利用できないこともあるので、予定がある場合は早めに予約をしておくことをオススメします!


  • 自宅近くのカーシェア専用の駐車場まで行き来しなくてはならない

  • 「チャイルドシート」の着脱を毎回しなくてはいけない
  • (我が家は子どもがいるので、毎回家からチャイルドシートを運び出すのが面倒に感じました)

  • 利用時間に限りがあるので、時間を気にしてしまう
  • ※「〇時までに帰らなくては・・・と渋滞にハマってしまった時などに焦ることも 汗)

とはいえ、
維持費」がかからないという点は一番のメリットに感じています。

スポンサーリンク

我が家のマンションの駐車場代は18,000円/月ですので、単純に「車を駐車しておくだけで」一年で216,000円もかかってしまう訳ですね。

その上に保険料に自動車税に車検代に・・・と考えると痛い出費ですよね!

おもちゃカーシェアリング

利用方法は?


では、実際に利用するにはどのようにしたら良いのか、まずは動画を見て確認してみましょう!




  • ネットなどで契約をすると、「会員カード」が送られてきます
  • ※たまに駅前のイベントを行っていることがありますので、その場で契約すると加入費用が「0円」なんてこともあります!

    1. パソコンやスマホなどから予約をする

    2. 乗車前に黄色い看板を退かします!

    3. 予約した車の駐車場まで行き、「会員カード」をカードリーダーにかざすとドアロックが解除されます

    4. 助手席前のクロークボックスに入っている「車のキー」を「貸出」方向に取り出します。


    5. キーを回してエンジンをかけ、運転を開始する。


    6. ※最後に黄色い看板を元の場所に戻してから、出発しましょう!

    ※車を返却する時も同じ作業をします!

    編集後記


    やはり子どもがいると「自家用車を持っていたら便利なのにな~」と感じてしまうこともありますが、「使いたい時だけ使いたい」「維持費を節約したい」という方には「カーシェアリング」は便利だと思います。

    年々ペーパードライバーになりつつあるので、カーシェアリングを利用して運転に慣れておかなければ・・・。

    「車を購入する」よりもお手軽に利用できるので、検討されている方は是非試してみて下さい!

    -雑学