浅草「酉の市」2016の日程は?アクセスや楽しみ方をご紹介!


酉の市(とりのいち)」は初冬の風物詩。

毎年この時期になると「商売繁盛」を願った熊手が露天に並べられ、熊手商の威勢のいい手締めが冬空に響き渡ります。気になってはいたけどまだ浅草の酉の市には一度も行ったことがない!

という方の為に、どんなお祭りなのか、どうやって楽しめば良いのかを詳しくご紹介しますね!


スポンサーリンク

浅草酉の市2016の日程は?


2016年は11月11日(金)の一の酉23日(水・祝日)の二の酉に開かれます。

時間は?


深夜の0時から翌日の深夜0時までです。

浅草酉の市は一の酉、二の酉と二日間に分けて開催されます。

酉の市とは

毎年「11月の酉の日」に、鷲や鳥にちなんだ寺社で行われる年中行事です。

  • 埼玉県久喜市の鷲宮神社を本社とする「鷲神社(おおとりじんじゃ)

  • 酉の寺「大鳥神社

  • 地方では大阪の「大鳥大社(おおとりたいしゃ)

  • 愛知県の「稲園山七寺(とうえんざんななつでら)

などでも開かれる、商売繁盛を願ったお祭です。


江戸時代の後期から最も賑わっているのは、浅草の鷲神社と酉の寺長國寺の境内で行われる「酉の市」です。

ここが繁盛したのは東隣に作られた「新吉原(しんよしわら)」という遊郭のおかげ。酉の市御例祭には遊郭内が解放され、遊女が客と一緒に鷲神社へ参拝することも認められました。

これは「商売繁盛」を願う酉の市の名物の熊手です。

『お客を舁きこむ』の縁起を担いだ「かんざし熊手」が、遊女たちには人気があったようです。他にも大判小判おかめの面などを飾った大きく華やかな縁起熊手も、商売繁盛を願う人々にもてはやされるようになっていきました。


なお、長國寺では縁起熊手の他に、稲穂をつけた小さな竹の熊手かっこめ熊手守りを開運招福のお守りとして、酉の市の日に限り授与しています。


アクセスは?


住所:東京都台東区千束3-19-6 長國寺境内



徒歩で行くには「東京メトロ」を利用するのが便利!


  • 日比谷線「三ノ輪(みのわ)駅」から徒歩9分
  • 日比谷線「入谷(いりや)駅」出口3番から徒歩7分
  • 都バス23区(草63)日暮里~錦糸町 竜泉バス停下車 徒歩2分

都バス経路:都バス草63系統

スポンサーリンク

ところで、「熊手」にはどんな意味があるの?


酉の市は元来、「収穫祭」として行われていました。

祭で人が集まったところに、農機具や農作物などを売る市が立ったのですが、その売り物の中にあった熊手が「かき集める道具=運や財をかき集める」と縁起物扱いされるようになり、やがて様々な飾りが施された縁起熊手へと変化していったと言われています!

浅草酉の市の楽しみ方


1.まずは寺社を参拝しましょう!


鷲神社に祀られている「日本武尊(やまとたけるのみこと)」は武運長久、「開運、商売繁盛の神様」です。

試合や勝負事で勝ちたい人や、自分で道を切り開こうとしている人、もちろん自営業者やサラリーマンも、今年1年の無事を感謝しつつ来年の抱負を報告しましょう!

2.参拝が済んだら縁起物の「熊手」を購入しましょう!


たくさんの熊手商が軒を連ねていますが、直観で「ココ!」と思ったところに行くと良いです。

熊手は年々少しずつ大きくしていくもの
最初から大きいものを買うのではなく、小さいものからスタートすると良いです。

売れ筋は1万円~5万円だそうですが、「欲しい熊手と予算を熊手商と交渉する」のも楽しみの一つ!値段を交渉できたら、浮いた分はご祝儀として店に置いていくのが粋ってもんです(江戸っ子っぽいノリ)。

露店は酉の市の楽しみのひとつです。

3.露店も楽しみの一つ


酉の市の縁起物は熊手の他に、食べると人の頭になれる「頭の芋」や、山椒の香りがさわやかな「切山椒」がありますので、ぜひ屋台で購入してお土産に持って帰りましょう!

編集後記

日本人は本当に「縁起が良い」という言葉に弱いですよね!熊手はお正月に神社などでも購入することができますが、浅草のならではの「値段交渉」をして買うというのはここでしか出来ない経験です!
パンダ家も今年は浅草へ出向いて縁起を担いできたいと思います!
スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">





-イベント, 年中行事, 雑学