2016年「神奈川新聞花火大会」の日程は?ホテルステイで楽しもう!

2016/09/19


「神奈川県新聞花火大会」は横浜最大の花火の大会であり、首都圏で唯一二尺玉の花火が打ち上げられる大会です。

観客動員数が約19万人にもおよぶ、横浜港の夏の一大風物詩となっているこのイベント、もちろんパンダママ一家も毎年楽しみにしていますが、すごい混雑でも有名ですよね。

そこで、今年は「ホテルステイ」なんて決め込んじゃったりして、横浜ベイブリッジや横浜の夜景を背景にして、打ち上げられる花火を楽しみたいと思っている方!

絶対に外さないビューポイントを厳選してご紹介しちゃいたいと思います♪

スポンサーリンク

神奈川新聞花火大会の開催日は?

2016年の開催日程は8/2です!

まずは知っておきたい打ち上げ場所は、みなとみらい21に面していることをチェック!
臨海パークや新港パークが間近にあるので、足を運べる方はここまでくれば、大輪の花火が頭上から目の前に降り注ぐような絶景を味わうことができます!

そもそも「みなとみらい21」は有名な観光名所なので、よこはまコスモワールドの大観覧車「コスモロック21」や、横浜ランドマークタワーなどが存在していて何もイベントがなくても混雑するところ、この花火大会の日ときたらもう大変なことになってます(-_-;)

おすすめホテルは?

オススメ1位は「横浜ロイヤルパークホテル」


ここどこ?って方も、「横浜ランドマークタワー」ならご存知ですよね?実は横浜のシンボルマークタワーの52階から67階までが「横浜ロイヤルパークホテル」となっていて宿泊が可能なんです!

そう、ここなら客室のすべてが展望台さながらに、横浜の夜景や夜の海の絶景を一望することができますよね。

そんな横浜ロイヤルパークホテルから見る花火は、ため息が出るほどキレイです!

そして、驚くべきは210メートル以上の高さがある高層ホテルのため、なんと見上げるのではなく、見下ろすことに!?眼下一面に広がる夜景と大輪の花火のコラボレーションを堪能することができます。


オススメ2位は「横浜ベイホテル東急」

次におすすめしたいのが、 「横浜ベイホテル東急」です。よこはまコスモワールドの大観覧車「コスモロック21」の正面に立地しています。

みなとみらい線の「みなとみらい駅」直結という利便性の良さが家族連れには嬉しいですよね!

バルコニー付きの客室が人気であり、このバルコニーに出て花火を楽しむことができます。

花火大会前になると大変予約が取りづらくなりますので、なるべく早めに予約されることをおすすめします。



ホテルステイで楽しむ花火大会は、暑さを気にすることもありませんし、トイレも待たずにすみますし、蚊に刺される心配も不要の、まさに花火鑑賞の特等席となります。

そして子供連れの家族にとっては、何よりもあの憎むべき「混雑」がないのが最高です!!!

花火が終わったらそのままゆっくりと泊まって翌朝のホテルブレックファーストを堪能して、次の日の予定も立てられますしね。
横浜の夜景に映える色とりどりの花火は、きっと子供たちにも忘れられない夏の素敵な思い出となってくれるはずとパンダママは確信してます!

スポンサーリンク


カップル向けの番外編


探していたら出てきた他の混雑を回避することができるビューポイントについては、まだ独身だったらこれもいいなぁ、というのもちょっとご紹介します。

フレンチレストラン「横浜モノリス」では、当日は特別ディナーが用意されており、窓際の特等席はお一人様35,000円となっています。

スイートルームも用意されており、そちらはお一人様50,000円!
ちょっとお値段は高めですが、こんなデートに誘われたらロマンティックですよねー☆彡

編集後記

ホテルから花火を楽しむのもよし。花火を楽しんでからホテルでゆっくりするのもよし!ホテルステイは本当にオススメです!是非次の日お休みという方はホテルの予約を済ませておきましょう!

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

-みなとみらい, イベント, デートスポット, 花火大会