英語など第二言語の習得は6歳までが効果的と言われています。

人気の幼児教室ランキング!1位は東大生の6割が経験!

2016/09/19


少子化が進んでいるとはいえ、幼少期に子どもに習い事をさせる親は増えてきていますね!

我が家の子パンダ(♀)もいくつか習い事をしています。
絶対音感リトミック、知育教室、体操教室、英会話です。
毎月のお月謝を考えると・・・ですが、子供の為を思うと色々な経験をさせてあげたいと思ってしまう親ばかママです。



スポンサーリンク


今回は、人気の幼児教室の種類をランキングで紹介していきます。

 1位「水泳・スイミング教室」

プールでの息継ぎは、心肺機能の向上につながり、身体が鍛えられることの他にぜんそくが良くなる効果があります。
また、神経回路を刺激するので、集中力がつきます。
東大生の幼少期の習い事でトップにも入るそうです。


東大生の幼児教室人気No1は水泳です。


 2位「ピアノ教室」


音楽で自然と楽しむことができるので、子どもも楽しんで始められます。
ピアノを弾くということは、楽譜を読む・鍵盤を押す・音を耳で聞くというように五感を刺激しながら、様々な神経を使います。
そのため、学力のアップにも効果があると言われています。

幼児教室の人気No.2はピアノです。


3位「習字」


先生のお手本を見てまねて書くだけなので、とてもシンプルに習えます。
美しく書くポイントを個人で教わることができるのも魅力ですね!
また、続けることで正しい姿勢と集中力が身に付き、我慢強くなったという話も聞きます。
パンダママは姿勢が悪いので、是非子供にも習わせたいです。

幼児教室の人気No.3は習字です。

4位「英会話」


早いうちから英語に触れることで、自然と日本人の苦手なリスニングや発音が身に付きます。
また、幼少期の英語は慣れ親しむ目的がほとんどのため、授業も音楽やイラストを使ったものが多く、楽しんで続けられますね!
我が家は2歳を過ぎてから英単語のフラッシュカードや聞き流しなども行っていますが、最近は日常会話でも英語がポロっと出てくるようになりました。


英語など第二言語の習得は6歳までが効果的と言われています。

5位「体操教室」


鉄棒、マット運動、ボール遊び、縄跳びなど、いろいろな種類の運動を体験することができることが特徴です。
定期的に運動をすることによって、体内コントロールが高まり、身体が丈夫になります。
また、集団指導を受けることで、順番を守る、あいさつをしっかりする、仲間を気遣うなどの社会的な礼儀が身に付きますよね!
子パンダ(♀)は、最近お教室で習ってきた前回りをリビングで毎日見せてくれます(笑)。

幼児期の掌握力を鍛えることは脳の発達にとても良いと言われています。

脳科学や教育学の分野の専門家も、「幼児期にたくさんの事を経験させてあげることが子どもの発達にとってとても重要」だと言っています。
少子化の時代だからこそ、幼児期の教育の大切さを多くの方が周知して保育園などでも行ってくれるようになるといいなと思います。


スポンサーリンク



「経験による刺激」とても重要


子供の成長に伴って、子どもをいきいきと輝かせるための、能力アップにつながる何かを始めたいと考える人も多いのではないでしょうか。
子どもの世界は、その好奇心と探究心により広がっていきます。
近頃では、小さいうちから受験戦争に取り込まれていく子どもも多いようです。
しかし、子どもをいきいきと輝かせるのはテストによる学力比較ではなく、経験による刺激です。

幼児教育は、その経験によって、その子の才能を伸ばしながら精神的にも身体的にも成長していけることが必要と考えられています。
通信教育など家庭で行うものから、自宅から出て幼児教室に通わせることもあります。


幼児教室に通うメリット


同年代の子と触れ合いの時間が持てることや、何らかの指導や知識を得るきっかけになることにあります。
親子参加のある幼児教室に入ると、家とは違う触れ合いや他の親との交流ができ、親子で成長の喜びを感じることでしょう。
ママ友さんとの出会いも多いです。
同じ習い事に通わせているという共通点があるからか、意外とすんなり仲良くなってしまうことが多いです。


編集後記


いかがでしたか。
その子によって、興味・関心は違うものです。
親の考えではなく、子どもの「これやりたい」を尊重して選ぶことで、
長く続けることができ、能力アップにつながっていきます。

我が家の子パンダには、ゆくゆくはピアノやクラシックバレエも習わせたいと思っています。
でも、親のおしつけでなく、本人がやりたいことを全力で応援してあげたら一番良いですよね!


スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

-教育, 知育, 育児